【就活】年収530万のコンサル会社を辞退して年収300万の中堅SIerに入社した理由

Job change
スポンサーリンク

初年度年収のより生涯年収の最大化

私は就職活動時に、コンサル会社、メガバンク、生命保険会社、証券会社、大手ディベロッパーと内定を頂きましたが、結局は中堅の独立系SIer企業に入社しました。

 

初任給は300万円程度。新卒1年目なら平均的ですが、大手の初任給は400万以上。大学の友人は、ほとんどが大手に就職、教授にも、「大手に入らないなんて勿体ない」と言われ、親には「大手の方が給料も良く安定しているのに本当にいいの?」と心配されました。

 

これだけ多くの大手企業から、内定を頂いていたのにも関わらず、中堅の独立系SIerを何故選んだのか。

 

理由は、市場価値と年収を最大化させる最短ルートだと思ったからです。

 

確かに初年度年収530万円は魅力的だった

当時の自分は、より難しい企業、より大手から内定を貰うことばかりを考えており、とにかく必死で就活をしていました。結果として、ほとんどの業界の大手企業から内定を頂けました。その中で、1番年収が高い会社は国内コンサル会社の530万でした。

 

当然の様に、そのコンサル会社に就職をしようと内定承諾書に眺めていた時に「この会社で本当にいいのか?」「自分の就活の軸はなんだっけ?」と疑問が浮かんできました。

 

就活でありがちなことですが、いつの間にか就活の目的が「大手企業から内定を貰うこと」になっていました。こそから、就活当初に決めていた就活の軸を見直して、この企業は自分の求めていた企業なのかを改めて考えるようになりました。

 

ちなみに、私の就活の軸は「若くからお金を稼ぎたい」「最短で市場価値の高いビジネスマンになれるか」でした。

 

改めて、企業の社員さんに面談の場を設けてもらい、年収のことや、出世のこと、コンサルタントの市場価値について聞いて思ったとは、「これだけ大きな会社の中で激しい競争に勝ち年収を上げることができるのか?」「コンサルタントは確かに市場価値が高いが、3年位でそのレベルまで行けるのか?」でした。

 

この会社に就職することは、正しい選択なのか。

 

当時の私の結論は「正しい選択ではない。」でした。自分より優秀な人しかいない会社で、まともな仕事をさせてもらえる自信はなかったです。ここで、就活の軸を意識しながら、再び就活を始めました。

 

最短で市場価値の高いビジネスマンになるにはどの会社が適切か

就活を再開させ、今までは闇雲にいろいろな企業は受けまくっていたので、今度は就活の軸をもう少し詳しく決め、どんな企業の選考を受けるか絞り込みました。具体的には、「市場価値を高めるためには何が必要か」「また、これからの時代に市場価値が上がっていく業界は何か」のポイントを考え企業を絞りました。

 

当時の私が考えた結果は、「市場価値を高めるには、いろいろな経験が必要」「これから市場価値が上がっていく業界はIT業界」でした。

 

いろいろな経験ができる企業は大手よりも、ベンチャー企業や中堅企業だと考え、企業の規模はベンチャーと中堅を選択。

 

TI業界だけでは、幅広いジャンルになるので、その中でもより専門性が高く市場価値が高くなるのはエンジニアだと考え、エンジニアを職種に選択。

 

その結果、独立系の中堅SIerに就職を決めました。

 

この企業は社員数350人程度の会社でしたが、新卒の採用を大幅に増加しており、会社の変革期だと判断しました。ベンチャー企業に就職するよりも、ある程度教育体制も整っていて、エンジニアとしてキャリアをスタートするには1番良い環境ではないかと考えました。また、会社の変革期でもあり、いろいろな経験ができ、上手く行けば最短で市場価値と年収の最大化も狙えると判断しました。

 

自分がどうなりたいかが就活で1番大切なこと

就活を続けていると自分を見失います。誰もが内定を貰うことが目的になり、自分がどうなりたいかを考えずに就活をしてしまうでしょう。

 

そんな状態で就活を続けてしまっても、就活の軸が定まらずに就活が難航してしまいます。

 

いろんな就活のやり方があると思いますが「自分がどうなりたいか」というのが最も大切だと思います。そこに時間軸も掛け合わせて、自分が目指す姿のルートを明確にして就活をすると自分を見失わずに就活が上手くいくと思います。

 

私の経験が少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました