【人生が変わる】新卒が読んでおくべきノート術の本3選【本当におすすめです】

Engineer
スポンサーリンク

こんにちは、くずさんです。

 

新卒1年目のエンジニアが、読んでおいてよかった

ノート術の本を3冊ご紹介します。

 

この3冊を読むことにより、仕事の効率化目標達成力判断力などが上がります。

 

新卒がノート術の本を読む理由、メリット

その前にビジネスマンは本を読め

基本的に新卒だけではなく、ビジネスマンなら本を読むべきです。

福沢諭吉もこの様に言っています。

「読書は学問の術なり、学問は事をなすの術なり」(『学問のすゝめ』より)

つまり、目標を達成するためには、学びが必要であり、その学びとは読書の事だと言っています。

 

ビジネスマンなら、目的を持って仕事をしています。

そのためには、読書が必要だと言うことです。

 

ソフトバンク創業者の孫正義氏や、Microsoftのビルゲイツも「読書」を趣味に挙げています。

また、デキるビジネスパーソンの多くに「たくさんの本を読んでいる」という共通点があります。

忙しくて、本が読めないという人はこちら

 

新卒がノート術の本を読む理由

その中でも、新卒はノート術の本を読んだ方が良いです。

理由は、ノート術の本を読んで、ノート術をマスターすれば、

日々の学びを効率良く覚えられるからです。

 

新卒は、学ぶことが多いです。

その学んだことを仕事に活かせるようにノートを取るわけですね。

 

・ノート術をマスターし、日々の学びを効率よく活かす

 

その中でもこれから紹介する3冊は、かなりおすすめです。

どれか1つだけ読むのではなく、3冊全部読んでください

その理由はこれから紹介するノート術は使う用途が違うからです。

つまり、この3冊のノート術の本を読めば、網羅的にノート術をマスターすることができ、

一番効率良く、日々の学びを活かすことができるからです。

 

おすすめの3冊↓

・バレットジャーナル 人生を変えるノート術

・ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

・メモの魔力

 

新卒が読むべきノート術の本:バレットジャーナル 人生を変えるノート術

題名にも書いてある通りにも『人生を変えるノート術』と書いてあります。

この本の概要は

『 夢 』『 目標 』を叶えるための、『 To do 』リストを最適化する本です。

 

つまり、『 夢 』、『 目標 』を叶えるための、本当に意味のあることに集中し、

自分を整理し人生を変えていく本です。

 

このノート術からは、計画性、思考の整理力、時間管理、のスキルが身に付きます。

 

使用用途

todoリスト作成、思考の整理、目標設定など…

 


 

 

新卒が読むべきノート術の本:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

この本は、結構衝撃的でした。

ノート術というより、メモ術かもしれなですが、本を読む目的は一緒なので気にせずいきます。

 

基本的には思考の手助けをするテクニックの本なのですが、その方法が新鮮で面白いです。

その方法は、A4用紙を横に使い、思いついた事、頭のモヤモヤを

1ページ1分で書くだけです。

 

それだけなのに、なぜか、頭の中が整理されり、頭のモヤモヤが消えたりします。

その他にも、アイディア出しや、問題解決にも最適です。

 

そのノウハウは是非ご自身でお読みになって下さい。

確実にスキルが上がります。

 

・1分間のメモ書きで頭が整理される。

 

使用用途

頭の整理、感情の整理、問題解決、アイディア出しなど…

 


 

新卒が読むべきノート術の本:メモの魔力 The Magic of Memos

これの本は有名だと思います。

作者は『 SHOW ROOM 』の設立者の『前田裕二』さんです。

見えている全てのことに疑問を持て、考えられる様になる本です。

 

かなりのメモ魔だと言う『前田裕二』さん。

何事からも学び、その学びをメモすることにより、抽象化し、転用する。

 

この本を読んだら、物事を客観的にみられる様になります。

また、アイディア出しにも最適です。

実際に、『前田裕二』さんは、このメモ書きにより、

『 SHOW ROOM 』という会社を設立し、その会社を軌道にのせたと言っています。

 

・日常の全てが学びになり、メモ術により自分の物になる

 

使用用途

インプット、アイディア出しなど…

 


 

新卒が読むべきノート術の本:まとめ

紹介した3冊の本は、使用用途が違う本でした。

これらの本を読み、ノート術をマスターしたら、

新卒社員として、厳しい社会を乗り切っていける確率が上がります。

また、これらの本以外にも、読書はしましょう。

 

僕も頑張りますので、皆さんもがんばりましょう。

 

以上、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました