問題解決能力を身につける方法【ビジネス必須スキル】

Engineer
スポンサーリンク

『問題解決能力を身につける方法ってあるの?』

『問題解決ってどうやるの?』

『問題解決能力って難しいの?』

こんな方の悩みを解決するための記事です。

反復練習で簡単に身に付きます。

・考え方は『 癖 』なので問題解決の『 癖 』を身につけるだけ。

 

問題解決能力を身につける方法

ざっくり、こんな感じです。

・自分で考え行動する

・問題の原因を見つける

・打ち手を考える

・目標を設定し達成する方法を決める

 

そもそも問題解決って

問題解決とは、

現状を正確に理解し問題の現状を見極め効果的な打ち手まで考え抜き実行すること

です。

例えば、『数学の成績が下がってきた』としましょう。

ただ、『下がってきた』と言う現状が現状を理解しただけでは、何も変わりません。

なので、↓

➀どんな問題が解けなかったのか、

➁なぜ解けなかったのか、原因を見極め、

➂さらにどうすれば解けるようになるか、効果的な打ち手まで考え、

➃実行に移して初めて問題解決となります。

問題解決のプロセスはこれだけです。

問題解決能力を身につける方法:自分で考え行動する

当然の事ですが、能力は他人に身につけてもらう物ではないですよね。

自分で行動しなければ、身につきません。

問題解決能力は持って生まれた才能ではなく、考え方も『癖』です。

だから、自分で考え、行動する経験を積み上げれば、

考え抜く癖』『前向きな姿勢の癖』が身についてきます。

こうした『癖』を身につければ、目標を見つけた時に

実現できる可能性が上がります。

さらには、自分の問題だけでなく、自分のまわりの環境や、

他人の問題まで解決できるようになります。

 

問題解決能力を身につける方法:問題を見極める

 

・原因としてあり得るものを洗い出す

・原因の仮説を立てる

・どんな分析をするかを考え情報集める

・分析する

問題解決をするにあたって、

まず、そもそも問題の原因が何かが分からない事が一番多いです。

なので、1つの事に縛られずに、いろいろな視点から、物事を考えられる様にしましょう。

その次に問題の原因を考えるプロセスと同じで、仮説もあらゆる視点から考えましょう。

最後に『分析』ではなく、その分析をする方法を考えるために情報収集します。

 

・問題解決のコツは、1歩引いた視点から多面的に問題を見る事です。

 

スポンサーリンク

 

問題解決能力を身につける方法:打ち手を考える

 

・打ち手のアイディア幅広く洗い出す

・最適な打ち手を選択する

・実行プランを作成する

先程のプロセスで、問題を見極めたら、今度はその『打ち手』を考えます。

分析をもとに『打ち手』のアイディアを幅広く洗い出します。

そして、実行プランを作成して実行します。

 

・分析結果を基に打ち手のアイディアも幅広く洗い出す

 

問題解決能力を身につける方法:目標を設定し達成する方法を決める

ここでは先程の問題解決のプロセスを活用して、自分の目標を達成する方法を紹介します。

 

・目標設定する

・目標と現状のギャップを明確にする

・選択肢を幅広く洗い出す

・選択肢を絞り込んで仮説を立てる

・仮説に沿って情報集める

・データを分析しチェックする

流れはこんな感じです。

ここでのコツは、自分の現状確認と、情報収集です。

目標を立てても、目標とのギャップを測り間違えていたら、目標は達成されません。

それと同じく、情報収集が入念に行えていなければ、仮説が正しいかの判断を間違えることもあります。

 

・現状確認と情報収集が目標達成のカギ

 

問題解決能力を身につける方法:実行する

ここまで来たら、後は『実行』するのみです。

気を付けることは、目標達成プランを忘れ、違うことを分析もしないまま始める事です。

これをやってしまったら、意味がないですね。

・目標達成プランを忠実に行う
以上、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました