【SSL設定】AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化【分かりやすい方法で説明(無料)】

Blog
スポンサーリンク

『SSL化ってどうやるの?』

『SSL化って無料でできるの?』

『SSL化して https 通信をしなきゃSEOが優先されないの??』

こんな方に向けた記事です。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化

今回は、AWSを使いwordpressで構築したブログの『 SSL化・https化 』の方法をまとめました。

流れは『Certificate Manager(SSL照明の発行)→ELB(Elastic Load Balancing)で証明書の接続とインスタンスの接続→Route 53でドメイン名とELBとの関連付け→SSH接続、wp-configファイルの書き換え→SSLプラグインの導入』となります。

少し長く難しいですが、落ち着いてやっていきましょう。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化:SSL証明の発行

まずは、Certificate Manager(SSL証明の発行)からやっていきます。

AWSにログインし、サービスの『 Certificate Manager 』から設定してきます。

 

右側の『証明書のプロビジョニング』をクリック。

 

パブリック証明のリクエストにチェックを入れ、『証明のリクエスト』をクリック。

 

自分のドメインとその他に『この証明書に別の名前を追加』からアスタリスク (*)をつけた自分のドメインを『*.kuzusan.net』(例)入力。

 

DNS承認とメール承認がありますが、前回のブログでお名前.comのネームサーバーの設定を行ったので、そちらにチェックしてください。

最後に『確認とリクエスト』をクリックしたら、検証画面にうつります。

『Route53でのレコードを作成』を2箇所クリックし、『続行』してください。

数分たったら、証明書が発行されます。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化:ロードバランサーの設定

こんどはロードバランサーの設定です。

ELB(Elastic Load Balancing)で証明書の接続とインスタンスの接続をしていきます。

サービスからEC2にいき、右のライブラリーの『ロードバランサー』をクリックするとこんな感じの画面が出てくるので、1番右側のHTTP ,HTTPS がアイコンになっているApplication Load Balancerを『作成』。

まず名前を入力します。いろいろな人のブログを見ていると、『load-b-〇〇〇〇」で名前を設定している人が多いです。

スキーマは『インターネット向け』を選択し、IPアドレスタイプは『ipv4』を選択。
リスナーでは『HTTP』の80番ポートと『リスナーの追加』で『HTTPS』の443番ポートをあけてください。
アベイラビリティーゾーンでは、全部選択してください。
ここまできたら『セキュリティ設定の構成』をクリック。

 

説明書タイプは『ACMから説明書を選択する』から先ほど発行したSSL証明書を使用します。

セキュリティポリシーはそのままで大丈夫です。

次に『セキュリティグループの設定』をしていきます。

既存のセキュリティグループを選択する』を選び、接続するサーバーと同じセキュリティグループのものを選択。

分からない人は、インスタンスのページに行き、説明の覧に書いてあります。

 

次は『ルーティングの設定』です。

新しいターゲットグループ』を作成します。名前を適当に入力し、『HTTP』を選択。ターゲットの種類は『インスタンス』をチェックです。

 

『ターゲットの登録』は80番(HTTP)と443番(HTTPS)ポートを追加してください。

ポートのところに数字を打ち込み『登録済みに追加』でできます。

最後に『確認』で終了です。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化:ドメイン名とELBとの関連付け

次にRoute53でドメイン名と、さっき作ったELBの関連付けです。

サービスから『Route53』を選択。使用するドメインを選び、関連付けをしていきます。

現在、5個レコードがあると思いますが、変更するのは『タイプ A 』だけです。

画像のようにTypeは「A-IPv4 address」、Aliasを「Yes」にしたら先ほどつくったELBを選択します。最後にレコードの保存です。

 

以上です。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化:wp-configファイルの書き換え

最後にファイルの書き換えをします。ここはかなり難しいです。

落ち着いてやっていきましょう。

まず、EC2にSSH接続します。そのために『 Tera Tarm 』を使います。

持っていない方はこちらからダウンロードしてください。

窓の杜
「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター

 

Tera Tarm 』を開いたら、この画面が出てきます。

ホストに対象のインスタンスの『パブリック DNS (IPv4)』を入力してください。

『OK』で次に進み、ユーザ名に『ubuntu』、パスフレーズは空欄で、

AWSでは『秘密鍵』を使うので、インスタンスを作る際に作った秘密鍵をアップしてください。

ログイン出来たらこんな感じになります。

そしたら、

sudo vi /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

をコピペしてください。『 Tera Tarm 』では右クリックで『貼り付け』ができます。

この画面になったら、

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once( ABSPATH . ‘wp-settings.php’ );

と下の方に書いてあるので、それより上に

if (empty($_SERVER['HTTPS'])) {
$_SERVER['HTTPS'] = 'on'; $_ENV['HTTPS'] = 'on';
}

と追記して下さい。

この画面に文字を打つには、『 i 』 (– INSERT –) を打ち込むことで入れます。

上の文を追記出来たら『 ESCボタン→ :wqで保存と終了ができます。

次に、apache の再起動をします。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

これを実行してください。

SSLプラグインが有効になるように、この2つも実行。

1つずつ実行してください。

cd /opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/
chmod g+w wp-config.php

最後に『 exit 』と打ち込めみ、終了です。

ここまでが難しい作業でした。あとは簡単です。

最後にSSLプラグインを導入して終わりです。

AWS ( EC2 ) wordpress のブログをSSL化・https化:SSLプラグインの導入

まず、wordpessにログインします。

次にプラグインの新規追加から、『 Really Simple SSL 』を検索して、インストールしてください。

インストールが終わったら有効化してください。

 

こんな感じの画面になれば、SSLは有効化されています。

最後に自分のブログにアクセスし、httpsになっていれば成功です。

以上です。お疲れ様です。

 

ここまでで、ブログの構築の設定は終わったと思います。

それでは、楽しいブログライフを!

ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました