【最強】Amazonのビジネスモデル『地球上で最も豊富な品揃え』の裏を解説

Engineer
スポンサーリンク

『Amazonって何がすごいの』

『世界がアマゾンに支配されるって本当?』

『AmazonってECサイトの会社じゃないの?』

こんな疑問を持っている人におすすめの記事です。

この記事を見たら、何となく利用しているAmazonを

『このサービスには、こんな仕組みがあったのか』と、分かるようになります。

Amazonのビジネスモデル

『 Amazon 』今では知らない人がいない、世界的な企業と言っても過言ではない。

そんなAmazonは、ただのECサイトを運営している企業ではない。

『地球上で最も豊富な品揃え』

この企業理念の裏には最先端の仕組みがあった。

 

Amazonのビジネスモデルはすごい専門的すぎて、

分からない人が多いと思うので、今回はこの3つの観点から説明します。

・楽天とは違うAmazon

・無限にお金が使える仕組み

・金のなる木はECサイトじゃない?

Amazonのビジネスモデル:楽天とは違うAmazon

アマゾンがなかったら生活できないかも

2019年現在、『 アマゾンがなかったら生活できない 』と言うのは現実になりつつあります。

近所のコンビニがなくなっても、テレビが丸一日使えなくてもさほど困らないが、Amazonが使えないと日常生活に支障が出る人が続出するだろう。

『 地球上最も豊富な品揃え 』と言う通販で買い物ができなくなるだけではなく、

買ったものを翌日受け取れなくなるし、プライム会員なら、映画や音楽を無料でどこでも楽しめなく、

しかし、それもAmazonのほんの1部でしかない。

企業への影響はあるかに大きい

Amazonマーケットプレイス

アマゾン以外の第三者がサイト上に商品を出品できる

Amazonマーケットプレイス』は全世界で約2,000,000企業が利用している。

マーケットプレイスは出荷配達までの請負サービスまでも提供している。多くの利用企業はアマゾンなしではもはやビジネスが成り立たないです。

それだけではなくアマゾンが運営しているAWS(アマゾンウェブサービス)がある。

これは、企業向けのクラウドサービスで、もともと自社のネット通販のために構築した

巨大なサーバーシステムの空きを使って始めた、いわば、副産物的なものj事業だったが、

現在では世界の名だたる大手企業や米国の政府機関を利用し信じられない額を稼ぎ出しています。

世界最大のクラウドサービス会社

AmazonはMicrosoftやGoogleをも凌駕する世界最大のクラウドサービス会社でもあるのだ。

AWSが停止すると、多くの大企業の情報処理がストップする。

下手をすると金融機関の決済が止まり、世界の経済全体がクラッシュする可能性があるかもしれない。
知らない人もいるかもしれないが個人も企業も、人類がアマゾンなしでは生活できない時代が密かに到来しているのだ。

Amazonのビジネスモデル:無限にお金が使える仕組み

実はアマゾンの利益は大きくないです。

むしろ、2014年は赤字です。

日本の企業で最も純利益が大きいのはトヨタ自動車で約2兆5000億円です。

IT関連の業界でもソフトバンクグループが約1兆円です。

それではAmazonはと言うと…

約30億ドル(2017年のデータしかなかったです。)

業種こそ違うが、トヨタの8分の1程度です。

では、なんで純利益が大きいわけでもないのに、

『お金が無限に使えるのか』

それは『 CCC 』がマイナスという魔法から生まれいます。

『 CCC 』とは

『 CCC 』= 『 キャシュ・コンバージョン・サイクル 』の事です。

聞いたことのない人しかいないと思うので説明ますと、

『 CCC 』とは仕入れた商品を販売して、何日間で現金化されるかを示したものです。

つまり、『 CCC 』は小さければ現金を回収できるサイクルが短いということで、

手元にキャッシュを長い時間持つことができます。

??????の人のために↓

同じく『 CCC 』がマイナスが多い飲食業界を例に説明します。

飲食業は材料や人件費などは後払いになるため、『 CCC 』はマイナスです。

そのため、日本の若者がラーメン屋に新規参入しやすいのも、先にお金が入り、

開店時の資金が他に比べて多く必要ないからです。

つまり、『 CCC 』がマイナス10日だった場合、銀行からの借金などもちろん必要なく

10日の間、販売代金を自由に使えます。

製品を作る前からお金が入ってくる状態なのです。

Amazonの場合だと、『 CCC 』がマイナスの事により、

物が売れる前から入金されている状態なのです。

更に、詳しい話を聞きたい人は、こちらの本にすごく詳しく書いてあるのでどうぞ


 

Amazonのビジネスモデル:金のなる木はECサイトじゃない?

ここまでAmazonのマーケットプレイスやCCCのすごさについて、見てきましたが、

実は、Amazonで1番すごいのはECサイトや財務の事ではなく、

AmazonのウェブサービスAWSです。

AWSとは

AWS = アマゾンウェブサービスの略で、

すでに桁違いの儲けを出しています。

これからのAmazonの成長をますます牽引する事業といっても過言ではないです。

IT業界では、Amazonは世界最大の企業向けクラウドサービス提供会社として認識されています。

こてらの記事にもAWSを使うメリットを書いてあります。

【無料】ブログを始めるならAWS ( EC2 ) + wordpress が良い理由【メリットが多いです】
...

実際に現役インフラエンジニアとして働いている私も、

最近ではAWSを使った仕事ばかりになってきていると感じています。

簡単にAWSの説明をしますと、

企業のサーバーやソフトウェアを、より安価なウェブバースの代替品に代え、ITの世界を一変させたものです。

クラウドサービスとはサーバーを提供するサービスの事です。

実はこのブログもAWSを使っています。

そうなんです。AWSでもブログが始められます。

作り方のこちら、

【初心者向け】AWS( EC2 ) と wordpress でブログを始める方法【しかも無料】
ブログを無料で始めたい人のために記事です。方法はAWSをつかってwordpressのブログを構築します。

AWSがこれまでにも普及した理由は、

『値段が安く、すぐに使えるサービスを揃えているからです』

まさにAmazonですね。ECサイトと一緒です。

その他にも、いろいろな要因はありますが、

『顧客を第一に考えたサービスにより、

世界中でAmazonは使われるようになりました。

 

最後に、

これから更にAmazonは私たちの生活の一部になっていくと思います。

なので、日々の生活の中で新しいAmazonのサービスが普及していくことを楽しんでいきましょう。

 

以上、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました